家に眠るコレクションを売却しよう!

No Comments »

どうしてもお金が無くなったとき、私はとにかく家に眠っているあらゆるものを売ります。
読書好きなことと、オタクな趣味を持っているので、本棚や押入れにはぎっしりと最近売れている漫画のシリーズや、ゲーム、フィギュアなどが眠っています。
もちろん、コレクションしているので、出来るだけ売りなくないものばかりですが、過去実際にお金が無くなったときにコレクションを売却しました。

本やCD・ゲームなどの類はあまりお金にならないことはわかっていたので、とにかく数で勝負しました。
ゲームの類は現在プレイするもの以外はすべて売り払い、漫画も今後も絶対に読むと言い切れる作品だけは残してすべて処分。
ゲームは30本程度、漫画に至っては200冊近くを処分することにしました。
売る際に意外と困るのは運搬方法です。
最近は買取にきてくれる中古本屋もあるのですが、私の家の近くにはなかったので、家族に頼んで車を出してもらいました。
本棚の整理と運搬、買取の査定など含めて丸1日がかりでしたが、2万円程度にはなりました。
状態がどうしても悪くなってしまったものもあり、査定がびっくりするほど低いものもありましたが、それはしょうがないなぁと割り切りました。

中古の本やゲームなどでまとまった金額を手に入れたいと思う場合は、とにかく数で勝負するしかありません。
また、ここ2~3年で売れている商品があれば多少査定に色がつくことがありますが、あまりに古いコレクションである場合は、「値段がつくだけまし」と割り切る必要があります。
時には労力を払った割に、思った金額よりも低いというケースもよくありますので、本当に究極にお金がないときの手段だと思っておきましょう。

昔、まだ買ったばかりの新車を家の車庫に擦り付けてしまったことがあって。その時のあの青ざめは今でも忘れませんね(笑)

新車を!って(笑)

すぐに修理に出したのですが、その修理代が15万円!!そのとき現金で支払えるのが5万円しかなかったので、残りの10万円は消費者金融でお金を借りて支払いをしました。※10万円貸して

借金をすることが本当は嫌いなのですが、この時ばかりは仕方なかったですね。消費者金融が好きでないけど、この時はあってよかったーーー助かった!!っていう気持ちでいっぱいになったのを今でも覚えていますね。

 

 


せっかく東京に来たのに・・・

No Comments »

こんにちは、東京の大学に通う健二です。

大学進学に合わせて田舎から上京し、念願の一人暮らしをしています。

最初は一人暮らしするのが夢で、楽しみで仕方なかったんですが、今はそうでもないです。

というのも、一人暮らしってお金がかかるんですよね。

自炊も出来ないし、外食ばかりなので親からの仕送りもすべて食費でなくなります。

すなわち遊ぶお金なんて全く残りません。せっかく東京に来たのに、楽しめてないのが現実です。

もとりあえずダメなんで、とりあえずバイトでもしようかな、と考えています。